2018年11月26日

遠州森町の奥、カワセミ湖で探鳥会。

昨日、快晴で穏やかな日曜日、遠州森町の奥、カワセミ湖(太田川ダム湖)にて
野鳥の会の探鳥会が開催されました。

今回の探鳥会の期待の鳥はオシドリとベニマシコです。

オシドリは十数羽の群れを何度か観察できましたが、
ベニマシコは残念ながら出会うことが出来ませんでした。

しかし、カワセミ湖周辺には野鳥の姿が多く、
昨日も野鳥の声が賑やかでシジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、コゲラ、カケスなどが
多数観察することが出来ました。

1s-カワセミ湖06899.jpg
朝は冷え込みましたが、穏やかなお天気の下、
静かに佇む、カワセミ湖です。

2s-探鳥風景06886.jpg
彩り岬公園から探鳥会スタート。
早速オシドリに出会うことが出来ました。

3s-探鳥風景06891.jpg
オシドリを熱心に観察する参加者の皆さんです。

4s-オシドリ2A9642.jpg
警戒心が強く、日陰の水際で寛ぐオシドリの群。
ダム湖対岸のかなり遠い場所です。

5s-オシドリ2A9653.jpg
十数羽の群れが水面に飛来しました。

6s-オシドリ2A9655.jpg
カルガモにつられて、オシドリが明るい水面に出てきました。

7s-紅葉2A9663.jpg
カワセミ湖周辺紅葉本番まであと少しですが、
あちこちで美しい紅葉を見ることが出来ました。

posted by N爺 at 20:23| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

浜松、入野協働センター祭にバードカービングと野鳥写真出展。

この土、日、浜松市の入野協働センター祭が開催中です。
同協働センターで活動中の私たちバードカービングサークル「かわせみ」も
メンバーの作品を多数展示してます。

N爺はバードカービング作品10点と野鳥写真12点を出展しました。

このセンター祭、毎年感じる事ですが、準備と後片付けの労多くして
開催期間が短く、儚い思いのするイベントです。

今日の午前中飾り付け、そして明日の午後はもう後片付け、
せめて2日間フルに展示をさせて頂きたいと感じる協働センター祭です。

1s-会場準備風景06803.jpg
今日の午前中、展示の準備風景です。

2s-会場風景06805.jpg
協働センターの体育館の一角に作られたサークル活動の作品コーナーです。

3s-会場風景06818.jpg
バードカービングサークル「かわせみ」の展示コーナーです。

4s-作品06875.jpg
今回のN爺のカービング出展作品10点です。
背景の野鳥写真も私の作品です。

5s-作品キビタキ06828.jpg
今回の新作1、キビタキです。

6s-作品スズメ06827.jpg
今回の新作2、スズメの親子です。
posted by N爺 at 19:04| 静岡 ☀| Comment(0) | バードカービング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

細江湖で探鳥会。コウノトリと再会。

一昨日の土曜日、穏やかな秋晴れの下、野鳥の会の探鳥会が
細江湖で開催されました。

今回の探鳥会に参加された方々は、この周辺で目撃情報が寄せられている、
コウノトリに会えることを期待しての参加です。

北区役所に集合後、澪標橋を渡り都田川の河口方面に歩を進め、
細江湖周辺でバードウォッチングを楽しみました。

都田川では浅瀬に集まるユリカモメやウミネコの群、
飛来し始めたカモ類を見ながら細江湖へ。

細江湖にて、ついに期待のコウノトリを発見。
初めてコウノトリを見る方々も多く、皆さん大興奮です。

今日は2羽揃ってのお出迎え、
そのうちの一羽は先週出会った一羽との再会でした。
今回は2羽で空を舞う姿も披露してくれる、嬉しいひと時でした。

今回は探鳥会の後、都田川の河原でトン汁のランチと言った
おまけ付きの探鳥会でした。

1s-イソヒヨドリ2A9487.jpg
探鳥会開始前、北区役所の屋根に来た、イソヒヨドリの雄です。

2s-探鳥会風景06743.jpg
探鳥会風景。先に見える赤い澪標橋を渡り、細江湖方面に向かいます。

3s-ユリカモメとウミネコ2A9525.jpg
都田川の浅瀬で寛ぐ、ユリカモメとウミネコの群。

4s-カンムリカイツブリ2A9532.jpg
都田川にはカンムリカイツブリも飛来していました。

5s-コウノトリ2A9563.jpg
電柱の頭で寛ぐコウノトリ。
足冠から個体番号JO117 オス(2015年3月24日生まれ)と確認できます。
この個体は発信機で追跡中で、そのアンテナが背中に見えます。
(このアンテナを見て、背中に矢が刺さっていると心配された方がいるとか。)

6s-コウノトリ2A9583.jpg
羽繕いをして寛ぐコウノトリ。
個体番号JO157 メス(2017年4月24日生まれ)と確認できます。

7s-コウノトリ飛翔2A9622.jpg
コウノトリ2羽が優雅に空を舞います。
横を飛ぶのがトビですから、大きさが分かります。
翼幅は2mにもなります。

8s-オナガガモ♀の群2A9601.jpg
細江湖にはカモの群が飛来しています。
写真はオナガガモとヨシガモの雌の群れの様です。

9s-キンクロハジロとカワアイサ2A9609.jpg
細江大橋横の池にはキンクロハジロの群れに混じってカワアイサが飛来していました。

10s-ホシハジロ2A9636.jpg
都田川で羽繕いの後、羽ばたくホシハジロ。
posted by N爺 at 00:05| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

コウノトリ、感動の初対面です。

このところ、遠州地方では、あちこちでコウノトリの目撃情報が聞こえてきますが、
なかなかチャンスが無く、出会うことができていませんでした。

この日の前日、コウノトリの出現情報を聞き、翌朝早起きをして奥浜名湖方面に
出掛けました。
現地に到着するとコウノトリの姿はなく、もう飛び去ったかと半分あきらめの境地で
一時間くらい待った時、少し離れた電柱の頭に、待ちに待った姿が舞い降りました。

早速、カメラを持って接近。
人なれしている様子で、じわじわと距離を詰めますが逃げる様子もなく、
ゆっくりとその姿を撮影させてくれました。

2羽飛来の情報でしたが、当日は残念ながら一羽で、
結局、地上には降りることなく電柱の頭から飛び去って行きました。

しかし、初めてコウノトリを撮影することが出来、満足の瞬間でした。

s-1_コウノトリ2A9429.jpg

s-2_コウノトリ2A9443.jpg
コウノトリを目の前に感動のひと時でした。

s-3_コウノトリとカラス2A9425.jpg
時にはカラスがちょっかいを出しにやって来ますが、
コウノトリは動じる事が有りません。

s-4_コウノトリ2A9449.jpg

s-5_コウノトリ2A9459.jpg

s-6_コウノトリ2A9451.jpg
電柱から動くことなく、しばらく悠然と佇んでいました。


s-7_コウノトリ2A9466.jpg
コウノトリの飛び立つ瞬間、巨大な姿は画面からはみ出しました。

s-8_ウミネコ2A9472.jpg
近くの浜名湖ではウミネコの若鳥が獲物をくわえて飛んでいました。
くわえるのが下手なのか、度々魚を水面に落とし拾い直していました。

s-9_トビ2A9393.jpg
この日はトビの姿が多く、時々、頭上を低空で飛び去ります。

s-10_トビ柱2A9408.jpg
この日は穏やかな天気で、あちこちに鷹柱ではありませんが、
トビ柱が出来ていました。






















posted by N爺 at 12:19| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

浜名湖ガーデンパークで野鳥観察会、そして「浜名湖の野鳥写真展」開催。

昨日、浜名湖ガーデンパークの主催で野鳥観察会が開催され、
私たち日本野鳥の会 遠江がガイド役を務めました。

昨日は雲の多い天候でしたが、風もなく穏やかなバードウオッチング日和で、
終始、多くの野鳥が目の前に現れ、参加者の目を楽しませてくれました。

バードウオッチング初心者の方々には、多くの感動が有ったようです。

今回はかえで橋回廊ギャラリーで開催中の「浜名湖の野鳥写真展」も観覧して頂き、
浜名湖の野鳥の多さ、自然の豊かさを再認識して頂けたようです。

「浜名湖の野鳥写真展」は11月25日まで浜名湖ガーデンパークの開園時間中は
自由にご覧頂けます。

この写真展出展写真は、日本野鳥の会 遠江が作品提供の協力をしています。

花広場のコスモス畑も満開です。
お時間が有れば、期間中是非浜名湖ガーデンパークにお立ち寄り下さい。

s-1_探鳥会風景06662.jpg
東西水路のオオバンやカイツブリを観察する、参加の皆さん。
これから、水路はカモたちで賑やかになります。

s-2_カワラヒワの群06664.jpg
かえで橋の前に有る小さい木に集まったカワラヒワの群。
ガーデンパークにはカワラヒワが多く集まります。

s-3_カイツブリとオオバン06694.jpg
東西水路にはあちこちでオオバンとカイツブリ(前)が見られます。
カイツブリは雛鳥を連れて泳ぐ姿も見られます。

s-4_バンの幼鳥06675.jpg
水路にはバンの幼鳥が現れました。

s-5_ジョウビタキ06695.jpg
水路脇の手すりに止まったジョウビタキの雌。
この日は多くのジョウビタキを観察することが出来ました。

s-6_探鳥会風景06682.jpg
散策路の横の林にカラ類の混群がやって来て、参加者は大喜び。
多数のシジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、メジロたちが、木々の間を
飛び交います。

s-7_ヤマガラ06680.jpg
カラ類の混群にはヤマガラの姿も多く混ざっていました。

s-8_ヒドリガモ06683.jpg
ガーデンパーク前の浜名湖で羽を休めるヒドリガモの群。
これからは浜名湖周辺はカモ類の飛来で楽しくなります。

s-9_ハヤブサ06704.jpg
ガーデンパークと隣接するゴルフ場のネットに止まるハヤブサ。
この境界ネットは獲物を狙う猛禽類のお気に入りの場所です。

s-10_浜名湖の野鳥写真展06538.jpg
かえで橋回廊ギャラリーでは「浜名湖の野鳥写真展」が開催されています。
約80点の野鳥写真が展示されています。
posted by N爺 at 13:16| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする