2018年07月23日

御嶽 田の原天然公園にて高原探鳥会

先週末、日本野鳥の会遠江の主催で御嶽田の原天然公園にて
探鳥会バスツアーが開催され参加しました。
久しぶりに下界の猛暑から脱出し、往復は涼しいバス、そして涼しい高原、
快適な一日を過ごすことが出来ました。

御嶽田の原天然公園は御嶽山への登山道の入り口、標高2180m、
下界には居ない、高原の鳥に出会うことが出来ます。

s-1_御嶽田の原看板2A8448.jpg
御嶽田の原天然公園、標高2180mの高原です。
当日は雲がかかって肌寒いくらいでした。

s-2_御嶽登山道入口05821.jpg
御嶽山の登山口の鳥居です。
御嶽山は目前に見えるはずですが、この日は雲の中でその雄姿を
見ることが出来ませんでした。

s-3_木道05825.jpg
田の原天然公園は木道が整備され歩きやすくなっています。
木道周辺にはシラビソの木がたくさん生えています。

s-4_アマツバメ2A8415.jpg
上空にはアマツバメやイワツバメがたくさん飛翔していました。
写真は羽が鎌のように鋭い形のアマツバメです。

s-5_展望台より05827.jpg
下界が開けた展望台でホシガラスの出現を待ちます。
下界は晴れていますが、高原はガスが発生し時折、パラパラと来ました。

s-6_ウソ2A8417.jpg
ホシガラスを待っているとトウヒ(エゾ松の類)の梢に美しいウソの雄がとまりました。
ピンクの頬が可愛いです。

s-7_ホシガラス2A8425.jpg

s-8_ホシガラス2A8434.jpg
本日の目玉、高原の鳥、ホシガラスがついに目前の木に現れました。
好物のシラビソ(シラベ)の梢にとまり、私たちを出迎えてくれました。

s-9_メボソムシクイ2A8452.jpg
美しい声が聞こえて来たので、よく探すとメボソムシクイを発見しました。
メボソムシクイの声はあちこちから聞こえますが、姿はなかなか見ることが出来ません。

s-10_ツバメの雛05835.jpg
途中のサービスエリアで見かけたツバメの巣。
巣立ち前の雛が元気に親鳥を待っていました。
posted by N爺 at 07:13| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

飯田公園にて「みどり〜なの野鳥を知ろう」講演会開催されました。

この3連休の初日、飯田公園、浜松緑化推進センター「みどり〜な」にて
「みどり〜なの野鳥を知ろう」と言うテーマで日本野鳥の会遠江との共催で
スライド講演会が実施されました。

この飯田公園は渡り鳥の交差点ともいわれ、夏鳥、冬鳥など渡りの時期には
多くの野鳥が観察されることで人気が有ります。
時には珍鳥も現れ、多くの野鳥写真愛好家が集まります。

講演会開催前に公園を一周しましたが、このところの猛暑の為か実際に野鳥の姿は
ほとんど見られず、公園を散歩する人もまばらでした。

しかし、講演会には30名位の参加者が集まり、みどりーなの野鳥や遠州地方の野鳥について、
スライドを見ながら熱心に耳を傾けていました。

因みに、現在、みどり〜な管理棟ギャラリーにて野鳥写真の展示が今月27日まで行われています。

1s-飯田公園の池05760.jpg
公園中央の池にはコウホネの花が奇麗に咲いています。
気候の良い時期には親子連れでにぎわう芝生広場も猛暑で人の姿は有りません。

2s-散策路05761.jpg
公園を一周する散策路。
木陰が多く、意外と涼しいですが、野鳥の姿はほとんど見ることができませんでした。

3s-水飲み場05762.jpg
野鳥で賑わう、流れ込みの水飲み場、この日は野鳥の姿はほとんど有りません。。
唯一、ハクセキレイが一羽いました。

4s-トノサマガエル05763.jpg
水場の近くに、2cmくらいの小さなトノサマガエルが。

5s-キジバト05764.jpg
木陰の枝に、キジバトがひっそり止まっていました。

6s-ハシボソカラス05772.jpg
ハシボソガラスのペアでしょうか、仲良く会話?をしていました。

7s-講演会05784.jpg
みどり〜なの講演室で講演会が開催されました。
多くの野鳥写真で「みどり〜な」や遠州地方の野鳥の全容が説明されました。

8s-野鳥写真展_0081.jpg
みどりーな管理棟ロビーで開催中の野鳥写真展です。
日本野鳥の会 遠江会員の力作が展示されています。
posted by N爺 at 12:41| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

浜名湖、弁天島周辺の野鳥調査を行いました。

今週、日本野鳥の会 遠江が年に3回実施する野鳥のモニタリング調査を行いました。

私の担当は浜名湖の入り口、弁天島周辺の野鳥の生息数をカウントします。
新居側、今切口からスタートし新居漁港、弁天島、舞阪漁港へと
6か所の観察ポイントを回ります。

今回は梅雨の晴れ間で、潮汐は大潮の干潮時間帯を狙って調査を実施しました。
これにより干潟に集まるシギ・チドリ類やサギ類、カワウなどのカウントを期待しました。

しかし、潮干狩りの渡し船や思いのほか多い釣り船、
また今切り方面ではサーファーや釣り客が多く、期待したほどの野鳥をカウントできませんでした。

1s-DSC05627.jpg
今切口のテトラには全くカワウの姿が有りません。
近くのサーファーや海岸からの釣り客が居る影響でしょうか?

2s-DSC05638.jpg
弁天島から新居方面を観察します。
ここでシギ類を、やっと確認することができました。

3s-DSC05640.jpg
釣り船の奥の干潟にはチュウシャクシギ10羽、キアシシギ5羽がうろうろと餌探しをしていました。
意外と釣り船は気にしていない様でした。

4s-DSC05641.jpg
今回、アオサギは意外と多く、35羽がカウントされました。

5s-DSC05643.jpg
干潟にカワウが数羽、今回の調査では全体で22羽がカウントされただけでした。
因みに、冬季の調査では1800羽近いカワウがカウントされました。

6s-DSC05650.jpg
舞阪漁港から対面する干潟を観察します。

7s-DSC05646.jpg
この干潟には80羽位のウミネコの群れが羽を休めていました。

8s-DSC05649.jpg
弁天島の鳥居周辺の干潟には潮干狩りの客が入る為か、
ほとんど鳥の姿が確認できません。

posted by N爺 at 20:05| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜名湖ガーデンパークの最近。

今週、梅雨の中休みに浜名湖ガーデンパークに行きました。

現在、浜名湖ガーデンパークでは梅雨の時期にピッタリの紫陽花が満開です。
花の美術館、水の庭では睡蓮が間もなく見ごろになるでしょう。

今回は紫陽花を中心に紹介します。

1s-DSC05522.jpg
梅雨の中休み、奇麗に晴れ渡ったガーデンパークはカラフルです。

2s-DSC05541.jpg
到着して先ず腹ごしらえ。
お気に入りの東西水路沿いのテラスでコンビニ弁当ランチです。

3s-DSC05550.jpg
紫陽花とユリの花です。
パーク内にはいろいろなユリの花も咲いています。

4s-DSC05556.jpg

5s-DSC05561.jpg

6s-DSC05575.jpg

7s-DSC05603.jpg
園内のあちこちで、様々な紫陽花を見ることができます。
南主園路に沿って有る、アジサイの小径は奇麗ですよ。


8s-スイレン05590.jpg
花の美術館、水の庭(旧モネガーデン)では間もなく
睡蓮が見ごろになるでしょう。

9s-カイツブリ05616.jpg
東西水路ではカイツブリが巣作りをしていました。
もうすぐ雛鳥を連れた姿が見られるでしょう。

10s-ムクドリ05537.jpg
園内ではムクドリの姿が多数見られましたが、
こちらは雛鳥を連れたムクドリです。
posted by N爺 at 12:17| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

川根本町 くのわき親水公園でキャンプ。

この土、日、川根本町の大井川河畔に在る、くのわき親水公園キャンプ場にて、
キャンピングカークラブの定例キャンプが開催されました。
台風接近で天候が心配されましたが、土曜日は青空の広がる良い天気、
日曜は曇になりましたが、雨も降らず快適に2日間を過ごすことができました。

この、くのわき親水公園キャンプ場は平坦で広大な芝生サイトが気持ちの良い、
キャンプサイトでキャンプ場施設も充実し快適なキャンプ場です。

少し残念なのはシャワーしか無く、お風呂は川根温泉まで大井川鐡道に乗って
行く必要が有ります。
駅までは大井川を吊り橋を渡って、お散歩気分で15分くらいかかります。
これも楽しいと言えば楽しいのですが・・・。

と言う事で今回はお風呂を辛抱し、キャンプ場でのんびり過ごしました。

s-1_DSC05459.jpg
広大で気持ちの良いキャンプサイト。
お洒落なテントキャンパーがたくさん集まります。

s-2_DSC05460.jpg
私たちのサイト。
大木の木陰を求めて集まりますが太陽は回ります。
木陰はいつまでも同じ場所にはなく、公平に木陰を作ります。

s-3_DSC05458.jpg
晴天で日向は日差しが強く暑いですが、木陰は爽やかな風がそよぎ快適です。
午後のひと時をのんびりお喋りをして過ごします。

s-4_2Q5A4951.jpg
陽も傾き、夜のパーティーの準備が始まります。

s-5_DSC05480.jpg
クラブメンバーで協力して天婦羅を揚げます。


s-6_2Q5A4955.jpg

s-7_2Q5A4957.jpg
テーブル一杯に出揃った料理とお酒。
クラブで提供された、山盛りの天婦羅に各ファミリーの持寄り料理がテーブルに並びます。
今回はちょっと多すぎました。(翌朝に持ち越しの料理も・・・。)



s-8_2Q5A4987.jpg
持寄りパーティーは宴もたけなわ、アルコールも回り話がはずみます!!

s-9_DSC05494.jpg
翌朝、我々のキャンプサイトはまだ静かです。
キャンピングカーは10台出揃いました。

s-10_DSC05499.jpg
朝食後は恒例の朝のミーティング。
次回キャンプの打ち合わせやキャンプ地やキャンピングカーの
情報交換をします。
posted by N爺 at 12:27| 静岡 ☀| Comment(0) | くるま旅、キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする