2020年02月23日

河津桜や梅の花が開く、浜名湖ガーデンパークで探鳥会開催。

昨日、河津桜や梅の花が満開の浜名湖ガーデンパークにて探鳥会が開催されました。

今回は浜名湖ガーデンパークと日本野鳥の会遠江共催の探鳥会で、
当日は雨が心配される中40名を超える参加者が集まりました。

探鳥会の開催された午前中は雨も降らず、風もなく穏やかな天候となり、
参加の皆さんはのんびりと探鳥会を楽しみました。

運河のカモ類、オオバン、カイツブリ、周囲の樹木にはジョウビタキ、シジュウカラ、コゲラ、カワラヒワなど、
地上ではアオジ、ツグミ、シロハラなど当日は32種の野鳥と出会うことが出来ました。

特に満開の河津桜、梅林の梅の花では多くのメジロが花の蜜を吸っていました。

1s-河津桜にメジロ01728.jpg
多くのメジロが河津桜の蜜を求めてやってきたきます。

2s-水路のカモ達01708.jpg
運河には多数のカモが浮かんでいます。
こちらはオカヨシガモです。
その他ヒドリガモやマガモもいましたが今年は数が少ない。

3s-セグロセキレイ01710.jpg
運河周辺にはセキレイ類が多く見かけられます。
こちらはセグロセキレイです。

4s-ジョウビタキ雄01712.jpg
フラワーラックに止まるジョウビタキの雄。

5s-ジョウビタキ雌01734.jpg
こちらはジョウビタキの雌です。

6s-カイツブリ01751.jpg
運河にはカイツブリが。春には子育て中のカイツブリが見られます。

7s-カワラヒワ01737.jpg
梢にはカワラヒワが多数見掛けられました。

8s-ハヤブサ01753.jpg
ガーデンパークに隣接するゴルフ場のネットで羽を休めるハヤブサ。

9s-ムクドリ01719.jpg
町中では嫌われるムクドリも、ここでは芝生でのんびり餌探しです。

10s-探鳥風景01721.jpg
探鳥会風景。河津桜に来たメジロを観察する参加者達。




posted by N爺 at 21:50| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

静岡県立森林公園にて探鳥会(バードウォッチング)開催。

昨日、静岡県立森林公園にて探鳥会が開催されました。

今回は日本野鳥の会 遠江と県立森林公園の共催の為、
約80名と言う大勢の参加者を迎えての探鳥会となりました。

冬晴れの良い天気の為、小鳥たちが森の木々の間を元気よく
飛び回り、初めて参加された方々にもバードウオッチングの
楽しさを味わって頂けたと思います。

1s-探鳥風景1509.jpg
森林公園のビジターセンター(バードピア浜北)前に集合した大勢の参加者達。

2s-ヤマガラ2A2856.jpg
松の木で熱心に餌を探す、ヤマガラです。
シジュウカラやエナガと一緒に群れで移動しています。

3s-ルリビタキ2A2843.jpg

4s-ルリビタキ2A2844.jpg
今回の探鳥会の主役でもあるルリビタキ。
写真は雌の様に見えますが、脇腹の黄色が濃く、尾羽のブルーも濃いので
雄の若鳥ではないかと思います。

5s-シロハラ2A2882.jpg
地面と木の枝を忙しく移動していたシロハラ。

6s-ビンズイ2A2877.jpg
落葉の上だ、何かを探すビンズイ。セキレイの仲間です。

7s-メジロ2A2864.jpg
珍しく大木の幹で熱心に何かを探すメジロ。

8s-ジョウビタキ2A2889.jpg
私の目前で自分の姿をアピールする(?)ジョウビタキの雌。

9s-探鳥会風景1512.jpg
木々を飛び交う小鳥の姿を追う参加の皆さん。

10s-マガモ2A2901.jpg
西の谷奥池ではマガモがのんびり泳いでいました。


posted by N爺 at 22:42| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

珍客、アカツクシガモの写真集です。

日本に飛来することは極めて稀と言う、
珍客「アカツクシガモ」が掛川市に飛来し、話題を集めています。

新聞やTVでも報道され、飛来地の詳細が報じられていないにもかかわらず
当初は連日5〜60名の写真家が集まったと聞きます。

フィーバーも少し治まり、現地も静かさを取り戻したと聞き、
現地に向かい、ゆっくり写真撮影をさせて頂きました。

撮影をして、暫らく経ちますが、やっと写真整理が出来ましたので
ブログに「アカツクシガモ」のいろいろな表情をアップしたいと思います。

アカツクシガモは日本に飛来することは大変稀で通常はユーラシア大陸
南西部で繁殖し、中国南部、東南アジアなどで越冬するようです。

今回飛来したのは一羽、多分道に迷って飛来したのではないかと思われ、
報道や話題では雌と伝えられていますが、首に薄いながらも黒い輪が有り
頭頂部がベージュになっているので、個人的には雄の若鳥ではないかと
推測しています。

夏羽になり繁殖期の雄には首に黒い輪がハッキリ表れるとのことです。

1s-アカツクシ飛翔5A3296.jpg

2s-アカツクシ飛翔5A3298.jpg
上空を優雅に旋回するアカツクシガモ。
羽の黒白コントラストが美しく、黒い風切羽には緑色の光沢が有ります。

3s-アカツクシ遊泳5A3290.jpg

4s-アカツクシ遊泳5A3288.jpg
水面に浮かぶアカツクシガモ。
薄いですが黒い首輪が観察できます。

5s-アカツクシ遊泳5A3390.jpg
餌を探す、アカツクシガモ。
頭頂にベージュの斑点が残っていることから、若鳥と推測できます。

6s-アカツクシ飛び立ち5A3357.jpg
助走も短く、飛び立ちます。
羽の力がかなり強い様です。

7s-アカツクシ着水5A3359.jpg
アカツクシガモが着水します。

8s-アカツクシ羽繕い5A3366.jpg
一回り旋回した後、羽繕いを始めました。

9s-アカツクシ立姿5A3364.jpg
浅瀬を歩く、後ろ姿です。

10s-アカツクシ立姿5A3400.jpg
アカツクシガモ、こんな表情も見せます。
posted by N爺 at 13:07| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

磐田市の鶴ケ池で探鳥会開催されました。

この日曜日、磐田市の鶴ケ池で日本野鳥の会 遠江主催の探鳥会が開催されました。

心配された雨も降らず、時折雲間から青空も覗く、
穏やかな探鳥会日和となりました。

鶴ケ池には毎年コハクチョウが飛来し、当日もコハクチョウが期待されましたが
残念ながら、その姿はもう在りませんでした。

しかし、湖面には多くのカモ類、池の周囲の森には多くの小鳥など
当日は32種の野鳥を見ることが出来ました。

s-1_探鳥風景01398.jpg
探鳥会には約30名の皆さんが集まりました。

s-2_探鳥風景01401.jpg
鶴ケ池のカモ達を観察する参加の皆さんです。
当日は風も無く、静かな湖面で観察には最適の天候でした。

s-3_寛ぐカモ達A2619.jpg
葦原の周囲で寛ぐカモ達とカワウです。
ここにはマガモ、コガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ハシビロガモが居ます。

s-4_マガモの群A2690.jpg
この池で一番多い、マガモの群です。

s-5_コガモ2A2651.jpg
この池で2番目に多いコガモ(雄)です。

s-6_ハシビロガモA2710.jpg
この池では珍しいハシビロガモ(雌)。
この日は雌雄、一組のカップルが泳いでいました。

s-7_ヨシガモの群A2686.jpg
この池で3番目に多い、ヨシガモが群になって泳いでいました。
緑色のナポレオンハットが美しく輝きます。

s-8_カモ達の飛び立ちA2697.jpg
飛び立ったマガモの雌につられ、ヨシガモの雌も飛び立ちました。

s-9_ヨシガモ群飛翔A2664.jpg
何かに驚き飛び立ったヨシガモの群が池の上空を舞います。

s-10_ミサゴA2719.jpg
池の上空を優雅に舞うミサゴ。
猛禽類ですがカモを襲う事は有りません。魚が好物です。





posted by N爺 at 22:00| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

浜名湖弁天島周辺のガンカモ調査を行いました。

浜名湖弁天島周辺のガン・カモ類の生息調査を行いました。
この調査は県の依頼で県内多数のポイントで一斉にガン・カモ類他鳥類の
カウントを行います。

この日の調査は浜名湖の今切口新居側よりスタートし、舞阪漁港まで6か所の
ポイントから鳥類の生息数をカウントしました。

s-1_テトラのカワウ01269.jpg
今切口の外洋、テトラでカワウの群が羽を休めていました。

s-2_セグロカモメの群01275.jpg
中州で羽を休めるセグロカモメの群です。
ウミネコも混じっています。

s-3_オオバン01273.jpg
オオバンも少数ですが、あちこちで見られました。

s-4_ユリカモメ飛翔01279.jpg
ユリカモメの飛翔です。

s-5_カンムリカイツブリ01286.jpg
この地域ではカンムリカイツブリが多くカウントされます。

s-6_オオハムDSC01290.jpg
浜名湖では珍しいアビ類、オオハムと思われる個体1羽を観察しました。

s-7_ヨシガモの群01277.jpg
中州周辺を泳ぐ、ヨシガモの小さい群。

s-8_海苔棚01296.jpg
海苔棚の間には多くのカモ類が集まりますがカウントには苦労します。
当日はヨシガモ、オナガガモ、ヒドリガモなどがカウントされました。

s-9_モズ01267.jpg
当日はガン・カモ類等水鳥だけでなく、小鳥類もカウントしました。
写真はモズです。

s-10_舞阪漁港01306.jpg
調査の最終地点、舞阪漁港より調査します。
中州には多くのカモメ類、カワウ、サギ類が観察されました。





posted by N爺 at 22:37| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。