2018年01月28日

磐田市、桶ケ谷沼で探鳥会開催。

昨日、磐田市の桶ケ谷沼で日本野鳥の会遠江主催の探鳥会が開催されました。
当日の朝も冷え込みの厳しい朝で沼のあちこちで氷が張っていました。
しかし、探鳥会がスタートし、陽も高くなるに連れ、風もあまり無く、
参加者34名の熱気で、寒さを感じることのない探鳥会となりました。
この桶ケ谷沼探鳥会での目玉は、東海エリアでは珍しいコハクチョウと
トモエガモとの出会いが期待できることです。
今回はコハクチョウには残念ながら出会う事ができませんでしたが、
数少ないトモエガモは確認することが出来、参加者の歓声が上がりました。
水面のカモ類、周囲の森の小鳥達と、今回の探鳥会では31種の野鳥を観察しました。

1s-探鳥会風景03310.jpg
桶ケ谷沼探鳥会がスタートします。
冷え込みが厳しい朝ですが陽光が暖かく感じます。

2s-カモの群れA7464.jpg
桶ケ谷沼には毎年多くのカモ類が飛来します。
氷結した日陰を避け、暖かい日だまりで羽を休めるカモの群れ。
マガモ、オナガガモが圧倒的に多く、コガモ、ヒドリガモ、カルガモが混じります。


3s-オナガガモA7466.jpg
オナガガモの群れ。今年はオナガガモが目立っています。
群れの中にコガモが混ざっています。

4s-マガモA7467.jpg
こちらはマガモの群れにオナガガモが混じっています。

5s-ツグミ2A7453.jpg
周辺の畑に降り立ったツグミ。

6s-ホオジロA7456.jpg
ホオジロが樹上で私たちを出迎えてくれました。

7s-メジロ2A7474.jpg
お気に入りの木の実を採餌中のメジロ。

8s-コゲラA7471.jpg
コゲラも木の幹を渡り歩き餌探しに余念が有りません。

9s-探鳥会風景03337.jpg
トモエガモを必死に探す、参加の皆さん。

10s-トモエガモA7489.jpg
数少ないトモエガモを発見!! 
今年は例年に比べ飛来が少ないとの事です。

posted by N爺 at 19:28| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

浜名湖遊覧船で野鳥観察体験クルーズ。

引き続き、日曜日は浜名湖遊覧船の野鳥観察体験クルーズに参加しました。
このイベントは浜名湖遊覧船主催で日本野鳥の会遠江が協力して
毎年、開催されています。
舘山寺フラワーパーク港を出港し、細江湖を一周して船上より
浜名湖の野鳥を観察します。
この観察クルーズの目玉はスズガモの大群の飛び立つ姿を見ることです。
今回も数千羽のスズガモが一斉に飛び立ち、頭上を舞う姿に
船上の参加者から歓声が上がりました。
その他、カモメ類の群れとの触れ合いもこのクルーズの楽しみです。
日曜日も多少風が強いものの、暖かく穏やかなお天気に恵まれ、
参加者全員、屋上デッキに上がり観察会を楽しみました。

1s-野鳥観察風景03264.jpg
良いお天気で屋上デッキに上がり野鳥観察を楽しむ。

2s-カワウの群れA7393.jpg
築瀬にはカワウの大群が。


3s-キンクロハジロA7375.jpg
湖上をのんびり泳ぐキンクロハジロ。

4s-ミサゴA7379.jpg
築瀬に止まる、ミサゴ。
この日は3羽のミサゴがいた。

5s-ミサゴ飛翔A7388.jpg
ミサゴが上空から魚を狙う。

6s-野鳥観察風景03290.jpg
N爺も屋上デッキでシャッターを切る。

7s-スズガモの大群A7410.jpg
8s-スズガモの大群A7421.jpg
スズガモの大群の舞う姿は圧巻の光景です!!

9s-スズガモ飛翔A7416.jpg
飛翔するスズガモの群れをアップで見ると。

10s-セグロカモメA7398.jpg
水面から飛び立つセグロカモメ。
近くで見ると意外と大きい!

11s-ユリカモメ飛翔A7443.jpg
遊覧船についてくるユリカモメ。
至近距離でバードウォッチが楽しめる。

12s-ユリカモメA7448.jpg
フラワーパーク港に戻り、ユリカモメも羽を休める。
posted by N爺 at 20:14| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浜名湖、弁天島ガンカモ、ウ類調査を実施

昨日に引き続き、土曜日は、弁天島にて全国一斉、ガンカモ、およびウ類調査を
行いました。
今年よりこの弁天島が私の担当となり、浜名湖の入り口部分、新居町側今切口を
スタートし時計回りで舞坂漁港まで鳥類をカウントして回りました。
この調査はガンカモ、ウ類以外の一般鳥類、すべてをカウントするものです。
この地域では毎年、カワウの大群が確認されており、今年は昨年より少ないものの
約1500羽の大群を確認することができました。
また、カモ類もヨシガモなど昨年より少ない傾向にありました。
ガンカモ、ウ類以外に弁天島ではサギ類、カモメ類も多く生息しています。
今回の調査では、浜名湖では珍しい2羽のツクシガモが確認できました。

1s-調査風景03210.jpg
今切の海釣り公園から調査をする。
対岸に国道1号、東海道線の鉄橋を望む。

2s-テトラのカワウ03199.jpg
今切、遠州灘に面するテトラにカワウが寛いでいる。

3s-カワラヒワ03206.jpg
地面に降り立ち餌探しに忙しいカワラヒワ。

4s-ウミネコ飛翔03208.jpg
弁天島にはカモメの類、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメなどが多い。
写真はウミネコ。

5s-ダイシャクシギ03222.jpg
この時期は少ないが、干潟にダイシャクシギが2羽。

6s-ハジロカイツブリ03228.jpg
いつもは群れでいるハジロカイツブリが単独で泳いでいた。

7s-調査風景03235.jpg
最後は舞坂漁港から観察します。

8s-カワウの大群2A7354.jpg
1500羽のカワウの大群が羽を休めています。
カウントは大変です!

9s-ツクシガモ2A7361.jpg
遠くに2羽のツクシガモ。
遠くて詳細は記録できませんでしたがスコープでははっきり確認できました。
posted by N爺 at 19:02| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

浜名湖ガーデンパークで野鳥観察とデーキャンプ

先週末の金、土、日と浜名湖周辺にて、いろいろなイベントで過ごしました。
先ず、金曜日、浜名湖ガーデンパークへ。
学校がインフルで学級閉鎖になり我が家に来ていた孫娘を連れて野外学習、野鳥観察会を行いました。
穏やかなお天気に恵まれ、ガーデンパーク内でのんびりバードウォッチング。
昼食はキャンピングカーでコンビニ弁当とコンビニ・スィーツ。
孫娘はミニキャンプに大喜びでした。

1s-tr_ガーデンパーク03116.jpg
キャンピングカーを降りて、早速バードウォッチング。

2s-tr_オナガガモ03119.jpg
運河を泳ぐ、オオバンとオナガガモ。
その他、オカヨシガモ、ホシハジロなども泳いだり、飛び立ったり。

3s-tr_ガーデンパーク03133.jpg
湖岸に出て、双眼鏡で湖上のカンムリカイツブリを観察中の孫娘。

4s-tr_アオジ03137.jpg
芝生で餌探しに忙しい、アオジが数羽。

5s-tr_カイツブリ03142.jpg
運河をのんびり泳ぐカイツブリ。

6s-tr_カワセミ03143.jpg
運河でカワセミが出現、孫娘大いに喜ぶ。

7s-tr_ジョウビタキ03150.jpg
雌のジョウビタキが私たちに愛嬌を振りまいてくれる。

8s-tr_ガーデンパーク03164.jpg
この日は暖かく、コートも脱いで散策。

9s-tr_ツグミ03168.jpg
帰り路、芝生で遊んでいたツグミが私たちに驚き木の枝に一時退避。

それでは、続き土、日の浜名湖イベントについては明日のブログでアップします。
今夜はここまで。




posted by N爺 at 21:40| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

佐鳴湖(浜松市)で新春探鳥会開催。

毎年お正月恒例の日本野鳥の会遠江主催の新春探鳥会が
浜松市の佐鳴湖にて開催されました。
今年の参加者は昨年に増して67名の大盛況となりました。
さすが、野鳥の豊富な佐鳴湖人気は高いようです。
今回の探鳥会では小鳥類、カモ類などの水鳥、ミサゴなどの猛禽類など
45種にも及ぶ野鳥が観察されました。

1s-探鳥会風景02999.jpg
湖畔の木々を飛び交う野鳥の姿を追う、大勢の参加者たち。

2s-イカル02989.jpg
最初に私たちを迎えてくれたのは、梢で休む数羽のイカルたちだった。

3s-ニシオジロビタキ03031.jpg
佐鳴湖で初めて観察された、ニシオジロビタキに参加者たちは大喜び。
人懐っこく、至近距離で、たっぷり私たちの目を楽しませてくれた。

4s-ジョウビタキ03026.jpg
散策路のわきではジョウビタキの雌もかわいい姿で私たちを喜ばせてくれた。
こちらも人懐っこく、至近距離で私たちに愛嬌を振りまく。

5s-探鳥風景03029.jpg
遠くの湖面には佐鳴湖の人気者、パンダガモの別名を持つミコアイサが数羽泳いでいた。
参加者たちは必死にその姿を追いかけている。


6s-カンムリカイツブリ03004.jpg
岸から少し離れたところにはカンムリカイツブリの小さな群れが。

7s-マガモ03003.jpg
湖面にはカモ類、カイツブリ、アイサ類など多くの水鳥が観察できる。
マガモの群れものんびり泳ぐ。

8s-ユリカモメの群れ.jpg
私たちの前を乱舞する、ユリカモメの群れ。
冬晴れの青空に美しい。

9s-探鳥会風景03052.jpg
探鳥会の締め括り、参加者全員集合しての鳥合わせ。
45種もの野鳥が観察できたことを確認した。


posted by N爺 at 00:05| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする