2019年09月16日

浜松市緑化推進センター「みどり〜な」の野鳥の近況です。

浜松市南区に有る、飯田公園の浜松市緑化推進センター、愛称「みどり〜な」は
小さな公園ですが渡り鳥の中継地として色々な野鳥が観察できます。

9月に入り、夏鳥は南の国へ帰る旅支度を始めます。
「みどり〜な」ではこの時期いろいろな野鳥が入れ替わり立ち寄って行きます。

先週はコサメビタキやセンダイムシクイ、キビタキの雌など
ボチボチと夏鳥の立ち寄る姿を見ることが出来ました。

今年は猛暑のせいか、夏鳥の移動は遅れているのかも知れず、
キビタキやオオルリの雄の美しい姿はまだ見る事が出来ていません。

しかし、これからしばらくは、この公園から目が離せないでしょう!

もちろん、ここではいつもの鳥達、カワセミやカラ類、コゲラなども
私たちの目を楽しませてくれるでしょう。

1s-みどり〜な00296.jpg
「みどり〜な」の入り口です。
最近、案内板や園内のトイレなどがリニューアルされています。

2s-コサメビタキA1513.jpg
コサメビタキ(夏鳥)今年も比較的多く公園で見られます。
蜂を捕食してくわえています。

3s-サメビタキA1590.jpg
サメビタキ(夏鳥)コサメビタキより一回り大きく色合いが黒っぽいです。

4s-エゾビタキ2A1562.jpg
エゾビタキ(夏鳥)胸に縦じまが見られます。

5s-キビタキの雌A1527.jpg
地味な色合いのキビタキの雌です。
美しい雄の姿が待ち遠しいです。

6s-センダイムシクイA1500.jpg
センダイムシクイ(夏鳥)と思われます。

7s-探鳥会風景00275.jpg
先週土曜日には野鳥の会遠江と「みどり〜な」の共催で探鳥会を開催しました。
猛暑も少し収まり、少し秋を感じる朝、バードウオッチングを楽しみました。

8s-カワセミ00302.jpg
芝生広場の水場ではカワセミが採餌中でした。

9s-ヒヨドリ幼鳥A1606.jpg
ピーピーとうるさいので、よく見るとヒヨドリの幼鳥でした。
嘴周辺はまだ雛鳥の面影が残っています。

10s-アオサギA1468.jpg
公園の池には最近、いつもアオサギが立ち寄るとの事です。


posted by N爺 at 23:19| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする