2019年10月24日

遠州灘海浜公園「石人の星公園」にてバードウオッチング会

またまた遅れ馳せながらですが、先日日曜日
遠州灘海浜公園、通称「石人の星公園」にてバードウオッチング会が開催されました。
今回は遠州灘海浜公園主催で日本野鳥の会遠江がガイドをサポートするイベントです。

気持ち良く晴れた公園は家族連れで賑わい、
当イベントには小人数の初心者の方々が参加して頂き秋の公園を散策しつつ
バードウオッチングを楽しみました。

公園横を流れる、馬込川には冬のカモやオオバンが飛来し始め、
公園内の木々には珍しい鳥は姿を見せませんでしたが
シジュウカラ、コゲラ、カワラヒワなどが見られ、初心者の皆さんには
十分楽しめるバードウォッチング会となりました。

1s-探鳥会風景00458.jpg
気持ち良い秋の朝、バードウオッチングを楽しみました。

2s-石人の星公園00457.jpg
美しく整備された’石人の星公園’
公園の名前の由来となった石像が並びます。

3s-モズA2141.jpg
梢で高鳴きをするモズ。秋です。

4s-イソシギ飛翔A2152.jpg
イソシギが川面を低空で飛びます。

5s-コガモ群A2188.jpg
冬のカモ達の飛来が始まりました。
写真はコガモの群です。

6s-ダイサギ飛翔A2209.jpg
川面を低空で飛ぶ、ダイサギです。

7s-カワラヒワA2198.jpg
カワラヒワの群が現れました。

8s-カワラヒワ飛翔A2202.jpg
カワラヒワの飛び出しの瞬間を捉えました。

9s-コゲラA2224.jpg
シジュウカラと混群で現れたコゲラです。

10s-ハクセキレイA2231.jpg
公園の芝生にはハクセキレイ、セグロセキレイの姿が多く見られました。
写真はハクセキレイです。



posted by N爺 at 20:14| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

太田川河口で探鳥会。

遅れ馳せながら、先週末、磐田市と袋井市の間を流れる、
太田川河口にて日本野鳥の会遠江の探鳥会が開催されました。

雨が心配されましたが、前夜からの雨も探鳥会スタート時には上がり、
曇天の下、足元の水たまりを気にしつつ探鳥会はスタートしました。

探鳥会には、こんな天気にもかかわらず、鳥好き人間19名が集まりました。
最近は雨天決行の流れになったようです!?

探鳥会は太田川の磐田市側、はまぼう公園をスタートし、堤防沿いに河口方面に
歩くコースです。

太田川には冬のカモも飛来し始め、ミサゴやハヤブサの姿を観察する事が出来ましたが
毎年、観察できるジョウビタキは姿を見せてくれませんでした。
しかしながら、こんな天候にも関わらず、参加者人数より多い25種の野鳥を
楽しむことが出来ました。

1s-探鳥会風景00444.jpg
太田川河口のはま坊公園から探鳥会スタート。
遠くに遠州灘が望めます。

2s-イソシギA2070.jpg
河原を歩くイソシギの姿、数度見られました。

3s-イソヒヨドリA2060.jpg
はまぼう公園の野鳥観察舎の屋根にイソヒヨドリの姿が。

4s-セグロカモメA2127.jpg
頭上を通過するセグロカモメ。

5s-ハヤブサ飛翔A2023.jpg
頭上をハヤブサが通過しました。
渡りのヒヨドリを狙っているのでしょうか。

6s-ヒヨドリ群飛翔A2054.jpg
渡りのヒヨドリの大群が何度も見られました。
ヒヨドリは半数は留鳥として残りますが、多くは秋に南の国へ渡ります。

7s-ホオジロA2092.jpg
ホオジロもあちこちで盛んに囀っていました。

8s-ミサゴA2052.jpg
河原の木に佇むミサゴ。時折、飛び立ち上空を舞い魚を狙います。

9s-モズA2080.jpg
梢で高鳴きをするモズ。秋を感じます。








posted by N爺 at 23:55| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

愛知県、伊良湖岬でタカの渡り観察会が開催されました。

この週末、伊良湖岬で毎年恒例のタカの渡り観察会が
日本野鳥の会 遠江主催で開催されました。

恋路が浜駐車場は多くの鷹ウォッチャーが日の出前より集合、
大変な賑わいです。
関西、関東からの他府県ナンバーの車も多数見られました。

当日は温帯低気圧から延びる前線が通過した後、
天気は回復し快晴となりましたが伊良湖では北西風が非常に強く、
鷹が渡るかちょっと不安な朝でしたが
低気圧で足止めを食っていたタカたちが一斉に飛び立ったのか
頭上にサシバやハチクマの姿がつぎつぎと現れました。

しかし、伊良湖まで来たタカたち、強風でちょっと足止め、
強風が逆に功を奏してか、頭上を舞うタカたちが強風を避ける為か
低空へ、至近距離でサシバやハチクマの飛ぶ姿を楽しむことが出来ました。

中には近くの木に舞い降り羽を休めるサシバを見ることが出来ました。
大砲レンズを構えたカメラマン達のシャッター音も賑やかでした。

この数年、低調なタカの渡り観察会でしたが、
今年はエキサイティングな観察会となり参加の皆さんも大喜びでした。

1s-観察会風景0399.jpg
鷹ウォッチャーで賑わう、伊良湖 恋路が浜駐車場です。
車中泊の車や他府県ナンバーの車が多数見られます。

2s-サシバA1919.jpg

3s-サシバA1914.jpg
サシバが小さな群れで次から次へとやって来ます。
時折、低空を通過、カメラマンのレンズが忙しく姿を追いかけます。

4s-サシバA1826.jpg
珍しく強風を避けてか木で羽を休めるサシバ。

5s-ハチクマA1749.jpg
ハチクマが低空を飛ぶと迫力が有ります。

6s-ノスリA1928.jpg
当日はノスリの姿も多く見かけました。

7s-チゴハヤブサA1957.jpg
小鳥を狙って素早く飛び回るチゴハヤブサです。

8s-オオタカ幼鳥A1990.jpg
白いタイプのオオタカの幼鳥の様です。

9s-アカハラダカ幼鳥SPA1866.jpg
アカハラダカの幼鳥でしょうか?(翼指が4枚です。)
ツミと同じ位の小型の鷹です。
撮影現場では気づかなかったですが、写真判定でアカハラダカと判断しました。

10s-ヒヨドリA1811.jpg
ヒヨドリの大群です。
当日は数百羽の群が次から次へと低空を西へ渡って行きました。







posted by N爺 at 22:20| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする