2015年06月04日

川根温泉でPキャン、奥大井の旅。

6月に入り梅雨入り間近の東海地方ですが、
5月最終の土日、川根温泉でPキャンをして、奥大井の自然を楽しんできました。
ここは毎年、クラブキャンプに利用させて頂く場所ですが、
今回は3家族でのお誘いキャンプです。
温泉と奥大井、トロッコ電車(アプトライン)の旅、そしてバードウォッチングを
少々楽しみました。
今年、3月に訪れた時は早咲きの桜満開で道の駅も混み合っていましたが、
今回はその時に比べ比較的静かな川根温泉でした。
(鉄道カメラマンも少なかった。SLの運行も少ないでした。)
心配したお天気も夜中に少し雨がぱらついたものの、翌、日曜日も晴れ、
駐車場に車を置いて、大井川鐡道で千頭から接阻峡の鉄旅を楽しみました。

s-1_川根温泉P_3270.jpg
川根温泉の駐車場に到着。
道の駅前の駐車場は混み合うが、ここはいつも空いている。

s-2_SL2A5448.jpg
駐車場の横をSLが通過する。
SLの来る時間になると鐡道カメラマンが集まってくる。

s-3_夕食5A0318.jpg
道の駅の奥に有る駐車場は夜はコテージ客の車以外、私たちの車のみ。
店開きをして野外宴会を楽しませて頂く。

s-4_朝食_3279.jpg
早めに朝食を済ませ、早々に店じまい。
駐車場ですから混み合う前に撤収です。

s-5_キセキレイ2A5495.jpg
河原も近いのでキセキレイが多く見られます。

s-6_ツバメ2A5508.jpg
川根温泉では沢山のツバメが頭上を舞っていました。(虫をキャッチするところ)
道の駅の軒下にはツバメの巣があちこちに有ります。
巣の下を人間がうろうろしても、全く気にせず雛に餌を運んでいました。
雛鳥は黄色い口をあけて親鳥から餌をもらうのに必死です。

s-7_アプトライン2A5549.jpg
千頭からアプトライン、のんびりトロッコ電車の旅を楽しむ。
(今回はこのトロッコ電車初体験の夫妻が一緒で、乗車を楽しみにしていました。)

s-8_アプトライン2A5542.jpg
電車が駅でもないところで突然停止、線路に倒木が!!
運転手さんが電車から降り、木を片付け再スタート。
これも自然の中を走るトロッコ電車の醍醐味??

s-9_接阻峡駅2A5604.jpg
千頭から1時間少々、接阻峡温泉駅に到着下車。
(現在、ここより先、井川まではがけ崩れで運休中です。)

s-10_接阻峡散策2A5625.jpg
接阻峡温泉はほんとに何もないところですが、鳥の声を聴きながら
のんびりと周辺の散策を楽しみました。

s-11_ウグイス2A5649.jpg
接阻峡は静か、ウグイスが電線で堂々と囀っていました。

s-12_音戯の郷A5695.jpg
千頭駅で乗り継ぎに時間が有ったので、駅の横に有る道の駅、
「音戯の郷」を見学しました。(音の体験ミュージアム)

posted by N爺 at 16:00| 静岡 ☀| Comment(4) | くるま旅、キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・道の駅駐車場でテーブル出してのBBQですか・・そして、夜だし誰も来ないからって記事にUPですか。・・
同じキャンカー乗りなのですが、同じようにみられて迷惑なんですよね・・・・
Posted by キャンカー同志 at 2017年05月31日 11:15
キャンカー同志さん
小生のブログにお立ち寄りありがとうございました。
また、昔の投稿ですが、貴重なご意見をいただき有難うございます。説明不足で誤解を招くような投稿で反省してます。また間接的にでもご迷惑をお掛けしたとすればお許しください。言い訳になりますがこちら川根温泉道の駅は倶楽部キャンプでも個人的にもよく利用させていただきます。特に最近は人気も高く混みあっているようです。私どもがこの地を利用させて頂く時は必ず管理責任の方に事前に許可を頂きます。桜の季節やSLのイベントなどで込み合う時はNGになることもありますが、基本的には気持ち良くキャンピングカーを受け入れて下さる道の駅だと思います。許可を頂いた道の駅、その他パーキングでも基本的なモラル(ごみを残さない、直火は使わない、発電機は使用しない等)を厳守して、指示された日時、場所を守り利用させて頂きます。閑散期なら多くのパーキングで許可を頂けると思います。道の駅もいろいろ方針があるので断られることもありますが、その時はPキャンは控えます。また立ち寄りの道の駅などでは絶対に店開きはせず、車内で過ごす様心掛けています。キャンカー同志さんもPキャンを楽しまれている事と思いますが、良い情報など有れば教えてください。またご意見など有りましたらコメントを頂ければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。 N爺
Posted by N爺 at 2017年06月01日 10:50
丁寧なご回答ありがとうございました。
道の駅で許可をもらってるとのことですが、ブログのように駐車場内でオーニング、テーブル、イス、イスそしてBBQまで許可を取ったということでしょうか?
とても信じられません…
ご存じと思いますが、全日本RV協会のマナーでもそのような行為はマナー違反で恥ずかしい行為と私は思いますし、もし見かけたら軽蔑の眼差しを送られて頂きますけどね…
許可うんぬん、以前の基本的なマナーの話しですよね
他の利用客が見たら、夜に道の駅駐車場でキャンピングカーが複数人でテーブル出してBBQやってる人達をどう思うでしょうかね

Posted by キャンカー同志 at 2017年06月01日 21:26
キャンカー同志さん
おはようございます。
再度ご意見有難うございます。
なるほど、キャンカー同志さんが言われる通り、許可を取ったから良いと言うものではないですね。事情を知らない方々から見ると眉をひそめる光景に見られてもやむを得ないことです。
ご意見を頂きいろいろと考えたのですが、この川根温泉道の駅は、温泉施設に道の駅ができたという経緯から、ハイウエーオアシスと言った普通の道の駅でなく、道の駅のSLが見える露天風呂が目的で訪れる人多く、利用者の多くは長時間滞在します。
この道の駅に行かれた事が有ればおわかりかもしれませんが、大井川鐡道の線路をくぐって奥に、コテージ群が有り、その利用者用の広大な駐車場が有ります。ただ温泉駐車場が満車になるとここが使用されます。この場所も道の駅の管理地ですが、線路と河原の間にあり一般道からは見えません。また、コテージ利用者のためのBBQコーナーやドッグランなども設置されていてるといった具合で普通の道の駅とは少し違ったコンセプトです。
そのようなことから私たちのキャンプを許可して頂けたのかもしれません。よく思い返すと実際、道の駅でキャンプをさせて頂いたのは、この川根ともう一か所の2か所のみですから、特殊な事でしょう。また2か所とも温泉に併設された道の駅で一般車両の通行はあまりなく、その道の駅(温泉)が目的地となるような道の駅であることが共通点かもしれません。
 しかしながらキャンカー同志さんから頂いた貴重なご意見、私どものクラブでも次回の定例会で皆さんに紹介して話し合いをしたいと思います。また、私自身もブログの上げ方も誤解を招くような記事を上げてはならないと反省いたします。いろいろご意見有難うございました。  N爺
Posted by N爺 at 2017年06月02日 11:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: