2019年06月18日

浜名湖弁天島地区で鳥類モニタリング調査を実施。

昨日、浜名湖、弁天島地区の鳥類モニタリング調査(生息調査)を行いました。
毎年、年に3回実施する調査ですが、県西部20数か所を調査する内の一つ、
当地域が私の担当箇所です。

今回は初夏の調査で5、6月中に行う調査です。
昨日は快晴ですが強風の下での調査となりました。
風の影響は多少生息数に影響が有ったのではないかと感じました。

1s-遠州灘今切口00010.jpg
調査のスタートは浜名湖今切口、新居側からのスタートです。
強風のせいか、テトラの上のカワウの姿が有りませんでした。

2s-コサギとアオサギ00012.jpg
新居側の干潟ではコサギ、アオサギが採餌していました。

3s-カルガモの群00014.jpg
同じく新居方面から望む、中州で羽を休めるカルガモの小群。

4s-新居漁港00016.jpg
新居漁港から浚渫船が往復している為か、海鳥の姿はほとんど見られませんでした。

5s-浚渫工事00019.jpg
鳥居周辺の水路で浚渫工事が行われています。
その為か周辺の干潟ではほとんど鳥の姿見られませんでした。

6s-コアジサシの群2A0763.jpg
舞阪漁港から遠くに臨む中州にコアジサシの100羽近い群が羽を休めていました。
近くにコロニーが有るのでしょうか?

7s-ウミネコとカワウ00027.jpg
舞阪漁港漁港前の中州で羽を休めるウミネコとカワウ。
昨年に比べウミネコの数は少ないでした。
posted by N爺 at 16:45| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: