2020年01月05日

佐鳴湖にてミコアイサに出会うことが出来ました。

新春探鳥会の時にミコアイサに出会うことが出来なかったので、
翌日、再度、佐鳴湖を訪れました。

そして、ついに今年初めて佐鳴湖でミコアイサに出会うことが出来ました。

マガモやカンムリカイツブリの群れの中に一羽、のんびりと浮かんでいました。
多分、前日一部の人が見たミコアイサと同じ個体だと思います。

佐鳴湖で落ち着いた様子、今季は仲間の飛来を待って、越冬するのでしょう。
早く仲間、メスの飛来する事が待たれます。

その他、探鳥会の日に見られなかった、ハシビロガモ5,6羽も見ることが出来ました。
マガモの数も前日に比べかなり増えていました。

冬本番これからを期待したいです!!

1s-ミコアイサ2A2375.jpg
美しいミコアイサの雄です。
後はカンムリカイツブリです。

2s-マガモの中にミコアイサA2362.jpg

3s-マガモの中にミコアイサが1羽A2359.jpg
マガモの群れに混じって一羽でのんびり過ごすミコアイサです。

4s-ミコアイサとハシビロガモA2400.jpg
ハシビロガモと出会ったミコアイサ。

5s-ハジロカイツブリ群2A2337.jpg
今日もハジロカイツブリが元気に泳ぎ回っていました。
夕陽に赤い目がルビーの様に輝いています。

6s-カンムリカイツブリA2426.jpg
カンムリカイツブリ。顔に残る横縞から幼鳥かと思われます。
若くて警戒心が低いのか岸の近くまでやって来ました。


posted by N爺 at 12:56| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: