2010年10月15日

佐鳴湖水質浄化工事?環境破壊?

今日、佐鳴湖にカワセミの写真を撮りに行きました。

この数ヶ月、佐鳴湖の北岸地域で工事が続いており
「何の工事をしているのかな?」と気になりつつも
それほど気にもせず見過ごしてきましたが、
今日、目前で重機が湖畔をほじくり返す場面を目の当たりにして
改めて、何の為の工事かと疑問を持ちました。
そして、今後の工事がどのような展開になるのか、大変が気になりました。

s_DSCN1001.jpg
綺麗になった新川が瓦礫で埋められて行く?


この工事の名目は「佐鳴湖河川浄化事業」と言う事で、
水質が日本でワースト1位、2位を争う湖としては事業の目的は
正しい事だと思うものの、工事の現場を目の当たりし
「これって、環境破壊では?」と疑問を持ってしまいました。

s_DSCN1000.jpg
ショベルカーのアームの奥、アオサギがジッと工事の様子を伺っていました。


佐鳴湖はデーター上の水質は悪いようですが、この工事の行われている
新川河口も最近は大変澄んだ水が流入し、魚も群れを成し泳いでいます。
それを狙い、カワセミやサギ類も沢山生息しています。
そして、ここの川岸の自然の土手にはカワセミの巣穴もあり、
今年も雛が育ちました。

今、盛んに言われる「生物多様性」がこの小さな湖に、キッチリと実現されているのです。

s_CEIMG_0961.jpg
対岸でカワセミが不安げに工事を見つめていました。

s_CEIMG_0959.jpg
カイツブリの一家が工事現場の横をこわごわすり抜けていました。


その様な河口をわざわざ掘り返す必要がなぜ有るのかと疑問を感じるのは
私だけでしょうか?

佐鳴湖の周囲は野鳥をはじめ動植物も豊富で、素晴らしい自然環境が有ります。
そして浜松市外からも近く、市民の良い憩いの場になっています。

その佐鳴湖の自然が保全される事を私も強く願っています。

もう一度、自然環境を出来る限り、保全した上での水質浄化事業を
進める事を強く、望みたいと思います。
posted by N爺 at 23:27| 静岡 ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

X'mas、お正月、師走。

クリスマス、お正月、師走...
後5日でクリスマス。
そして、後10日でお正月。
忙しい、忙しい!!
年賀状もまだだし、年明けの写真展の準備もまだだし...
ほんまに師走や〜
12月は日本が世界一、忙しそうですな。

s_X'mas_deco.jpg

それでも、毎年する事だから、クリスマスのデコレーションもするし、
年賀状も書くし、お正月の準備もしないと何だか気が済まない。

やっぱり、わたしゃ、凡人ですなぁ。





posted by N爺 at 00:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

還暦、無事通過!

SDSCN0955.jpg



昨日、日常の中、何事もなく無事、還暦を通過した。



女房が夕食のあと、小さなケーキと紅茶を出してくれた。

しばらくしたら、息子が彼女とまたまたケーキを届けてくれた。

うん、やっぱー、今日は誕生日だ。
ちょっと、嬉しかった。



今日は還暦2日目、
サラリーマンをしていれば今日からサンデー毎日。

でも、私にはいつもと変わらぬ、仕事の一日だ。


無事、元気で還暦を通過できた事に感謝!




posted by N爺 at 23:26| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

半径1kmの発見。

ヒメジョオン_6325.jpg


このシルバーウィーク中、テレビニュース等で高速道路の大渋滞が度々報道されていたが、つくづく日本人の貪欲さに感心した。高速千円と言ったら、遠くまで行かなきゃ損損と皆さんガソリンをどんどん浪費して少しでも遠い地を目指したのでしょう。結果、お父さんは渋滞でくたくた、折角の休暇もお疲れ様? それとも、それだけ遠くに行ったのだから充実感で満たされたのでしょうか??

日本人は趣味でも旅行でも何か結果を残さないと気が済まないようだ。どれだけ遠くに行った。どれだけ沢山観光地を回った。どれだけ早く着いた、等々。それが満足ならそれで良いのかもしれないが、余暇はもっと気楽にのんびりと過ごしても良いような気がする。

連休中あるテレビニュースで立川市の昭和公園で休日をのんびり楽しむ若いファミリーがインタビューに答えていたが、そのお母さんが「遠くに行ってもどうせ渋滞で疲れるだけ。高速千円と言っても歩いてこの公園に来て遊んでいる方が安いですよ。」とゆったり満足げに話していた事が印象に残った。私も同感だ。

半径1キロ以内ならおおよその人間は歩いて移動できる。その範囲を車で移動すると発見はほとんどない。道端の雑草も可憐な花をつけているし、野良猫も面白いし、スズメだってよく見るといろんな行動をしている。小さな溝川も良く見ると魚が泳いでいる事もある。魚が居ると白鷺が降りてくる事も有る。自然だけでない。小さな面白いお店も見つかるし、美味しいラーメン屋が見つかるかも知れない...。      半径1キロ以内にも未知との遭遇は一杯あると思う。未知の世界は遠くに行かなければ発見出来ない事はない。
近くの小さい発見にも感動できる豊かな感性を持てば、お金が無くても、仕事で時間が無くても人生は随分、楽しくて豊かになるような気がする。


スズメ_6070.jpg
posted by N爺 at 23:20| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする