2020年01月05日

佐鳴湖にてミコアイサに出会うことが出来ました。

新春探鳥会の時にミコアイサに出会うことが出来なかったので、
翌日、再度、佐鳴湖を訪れました。

そして、ついに今年初めて佐鳴湖でミコアイサに出会うことが出来ました。

マガモやカンムリカイツブリの群れの中に一羽、のんびりと浮かんでいました。
多分、前日一部の人が見たミコアイサと同じ個体だと思います。

佐鳴湖で落ち着いた様子、今季は仲間の飛来を待って、越冬するのでしょう。
早く仲間、メスの飛来する事が待たれます。

その他、探鳥会の日に見られなかった、ハシビロガモ5,6羽も見ることが出来ました。
マガモの数も前日に比べかなり増えていました。

冬本番これからを期待したいです!!

1s-ミコアイサ2A2375.jpg
美しいミコアイサの雄です。
後はカンムリカイツブリです。

2s-マガモの中にミコアイサA2362.jpg

3s-マガモの中にミコアイサが1羽A2359.jpg
マガモの群れに混じって一羽でのんびり過ごすミコアイサです。

4s-ミコアイサとハシビロガモA2400.jpg
ハシビロガモと出会ったミコアイサ。

5s-ハジロカイツブリ群2A2337.jpg
今日もハジロカイツブリが元気に泳ぎ回っていました。
夕陽に赤い目がルビーの様に輝いています。

6s-カンムリカイツブリA2426.jpg
カンムリカイツブリ。顔に残る横縞から幼鳥かと思われます。
若くて警戒心が低いのか岸の近くまでやって来ました。


posted by N爺 at 12:56| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

新春探鳥会 in 佐鳴湖。

正月3日、毎年恒例の新春探鳥会が佐鳴湖にて開催されました。
穏やかなお天気の下、70名近くの参加者を迎えての賑やかな探鳥会となりました。

佐鳴湖の冬のカモ類は異常に少なく、湖面はちょっと寂しい状態でしたが、
ハジロカイツブリの大群やミサゴなど43種もの鳥を確認することが出来ました。

また北岸、新川河口では人気者のカワセミがゆっくりと美しい姿を披露してくれ、
参加者も大喜びでした。

お正月の長閑な半日を佐鳴湖畔で楽しむことが出来ました。

1s-探鳥会風景01212.jpg
佐鳴湖西岸中央の東屋に集合した大勢の参加者達。
賀詞交換の後、探鳥会スタートです。

2s-探鳥風景01214.jpg
湖畔をのんびりと探鳥する参加の皆さん。
湖面のミコアイサを探す参加者ですが時間内には見つけることができませんでした。
(探鳥会の終了後に一部の参加者が見つけることが出来たようです。)

3s-ハジロカイツブリ01224.jpg
沖を泳ぐハジロカイツブリの群。
マガモが一緒に泳いでいますが少し寂しい群です。
毎年ならマガモも多く、ここにヒドリガモやミコアイサ、ユリカモメ等も混ざって賑やかですが。

4s-ハジロカイツブリ01253.jpg
岸辺に近づいたハジロカイツブリの群。
ルビーの様に輝く赤い目が確認できます。

5s-ミサゴ01223.jpg
遠くの棒杭でゆっくりと獲物の魚を食べるミサゴ。

6s-探鳥風景01228.jpg
カワセミの美しい姿を楽しむ参加者達。

7s-カワセミ01237.jpg
陽光に輝くカワセミのブルー、
私たちをたっぷり楽しませてくれました。

8s-アオサギ01229.jpg
アオサギが静かに佇んでいました。
佐鳴湖にはサギ類も多く、美しい姿を披露してくれます。

9s-モズ01249.jpg
モズ(♀)が梢から降りて、私たちに挨拶(?)をしてくれました。

10s-メジロ01241.jpg
晴れ渡った青空の下、メジロが元気に飛び交っていました。



posted by N爺 at 12:18| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

小國神社「秋の野鳥写真展」無事閉幕しました。

12月8日、小國神社「秋の野鳥写真展」が
8日間の会期を経て無事、閉幕致しました。

紅葉の小國神社は大変な賑わい、そのお陰で会場も連日大盛況、
8日間で1500名を超える観覧者をお迎えすることが出来ました。

野鳥写真、バードカービング、季節の鳥の俳句、イラストと
野鳥の世界を堪能して頂ければ幸いです。

また、野鳥の世界に少しでも興味を持って頂ければ嬉しい限りです。

ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。

1s-小國神社紅葉1084.jpg
参道横の紅葉が陽の光に輝いていました。

2s-小國神社参道1079.jpg
小國神社の参道は、終日参詣客で賑わっていました。

3s-小國神社宮川1090.jpg
紅葉の宮川はカメラマンで賑わっていました。

4s-会場風景1041.jpg

5s-会場風景1045.jpg

6s-会場風景1037.jpg

7s-会場風景1038.jpg
バードカービング(鳥の木彫り彫刻)にも大変興味を持って頂きました。
リアルさで鳥の剥製と間違われた方も多く、嬉しい限りです。

8s-会場風景1043.jpg

9s-会場風景1034.jpg
連日、賑わう会場風景です。
posted by N爺 at 22:44| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

小國神社 秋の野鳥写真展 開催中です。

12月1日午後より、小國神社「秋の野鳥写真展」が開催されました。
1日は日曜日の為、小國神社は参詣客で大変な賑わい、
会場ギャラリーには開場前より観覧のお客様にお立ち寄り頂きました。

昨日は小國神社は紅葉見物と七五三の参詣の為、駐車場は満車状態、
県道40号線から入る、小國神社へのアクセス道路も終日大変な渋滞の様でした。

写真展は8日日曜日まで開催中です。(参道横、休憩所2階 ギャラリー)
8日最終日は午後1時に閉会となりますので、宜しくお願い致します。
平日は車の混雑もそんなにないと思いますので、是非、紅葉見物がてらにお立ち寄り下さい。

s-1_本殿前928.jpg
朝から参詣客で大変賑わう小國神社、本殿前広場。

s-2_会場風景935.jpg
会場準備が整い、お昼には無事会場オープンしました。

s-3_会場風景944.jpg
休日とあって、開場早速、多くの観覧者にお立ち寄り頂きました。

s-4_カービング933.jpg
小生が出展したカービング12点。その他、写真を5点出品しています。

s-5_参道949.jpg
参道は終日参詣客の列が続いていました。

s-6_宮川の紅葉973.jpg
宮川の紅葉撮影スポットには多くの方々がカメラを構えていました。

s-7_ミミズク957.jpg
こんな珍客も! 参道横で紅葉をバックに撮影中のペットのミミズク。
(鳥種不明、ワシミミズクと言う話も有りましたが、少し小さい様?)
多くのギャラリーを集めていました。


posted by N爺 at 16:52| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

紅葉の遠州、小國神社にて秋の野鳥写真展が開催されます。

明日、12月1日より遠州森町の小國神社にて
日本野鳥の会遠江主催の「2019 秋の野鳥写真・イラスト展」が開催されます。

 会期は12月1日(日)〜8日(日)9時〜16時
   (初日は13時よりOPEN : 最終日は13時閉会)

 開場は小國神社 休息所2階ギャラリー

野鳥写真約60点の他、鳥のイラスト、バードカービングが展示されます。
小生は野鳥写真5点とバードカービング約10点を出展予定です。

小國神社は現在、紅葉真っ盛り、美しい紅葉を見がてら
是非、会場にお立ち寄りください。

因みに小生は4日(水)と5日(木)の午後は当番にて会場に詰めております。

1s-宮川紅葉C02695.jpg
小國神社は紅葉真っ盛りです。

2s-小國神社本殿6648.jpg
小國神社本殿

3s_休憩所G_8136.jpg
参道右側に有る休息所の2階、ギャラリーが会場です。

4s-2018年会場風景6652.jpg

5s-2018年会場風景6640.jpg
昨年、2018年の会場ギャラリーの様子です。

posted by N爺 at 19:18| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。