2019年01月17日

佐鳴湖の近況。

佐鳴湖(浜松市)では人気者のミコアイサも出揃い、
冬のカモ達も勢ぞろいしています。

また、ミサゴも活発に漁に励んで、上空よりダイビングを見せてくれます。
ただ、今年はいつも湖上をハジロカイツブリの群れと一緒に移動する
ユリカモメの姿がなぜか見ることが出来ません。

カモ類はマガモはじめ皆個体数は少ない様です。

しかし、お天気の良い日は佐鳴湖を回る散策路はウォーキングやジョギングを
楽しむ人たちで賑わっています。そして野鳥カメラマンも...。

1s-ハジロカイツブリの大群7575.jpg
ハジロカイツブリの大群です。
毎年多数飛来しますが、今年も200羽以上の大群で湖上を移動し採餌しています。
毎年この群にユリカモメがついて移動するのですが今年はユリカモメの姿が有りません。

2s-カイツブリの群れA9719.jpg
こちらは普通のカイツブリで年中見られます。
単独行動が多いですが、この時期小さな群れを作って泳いでいます。

3s-カンムリカイツブリA9731.jpg
カイツブリの類では大型のカンムリカイツブリ。
湖面で白く輝く姿があちこちで見られます。
遠見ではミコアイサと見間違えることが良くあります。

4s-キンクロハジロとマガモ7612.jpg
キンクロハジロの後ろはマガモの群れです。
今年は佐鳴湖に来るマガモの数は少なく、湖面は寂しいです。

5s-キンクロハジロとホシハジロ7624.jpg
海ガモのキンクロハジロと茶色い頭のホシハジロ。
少数ですが飛来してます。

6s-ミコアイサA9749.jpg
今年は比較的飛来が遅かった、期待のミコアイサ。
5羽位が飛来しています。岸にはあまり近づかないので探すのは大変です。

7s-ハシビロガモA9778.jpg
今年も比較的多く飛来しているハシビロガモ。
湖面を10羽位の群れで泳いでいます。

8s-オオバン7700.jpg
散策路脇の岸辺に上がって草を食べるオオバン。
食欲で警戒心も薄れて足元まで来ます。

9s-ミサゴA9689.jpg
棒杭の先で獲物の魚をむさぼるミサゴ。
上空を飛ぶ姿もよく見られます。ときにはカラスとのバトルも。

10s-カワセミA9677.jpg
佐鳴湖の人気者、カワセミ。
カワセミ撮影隊の近くに行けばほぼ確実に出会う事が出来ます。



posted by N爺 at 12:32| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

浜名湖の一部、庄内湖のガンカモ類生息調査に参加しました。

毎年一月恒例の環境省、全国一斉ガンカモ類の生息調査が始まりました。
我々、日本野鳥の会 遠江では静岡県の西部45か所の地域の調査を実施します。
その中で浜名湖東部、庄内湖の古人見地区周辺の調査を我々4名が受け持っています。

毎年、遠州の空っ風をまともに受ける厳しい環境下のカウント作業ですが、
今年は珍しく風もなく穏やかな晴天の下での長閑な調査となりました。

調査の結果は集計中ですが、温暖な地域では比較的珍しいホオジロガモの群、
浜名湖では大群となることで有名なスズガモの大群等、多くのカモ類をカウントしました。

また同時にカモ類以外の野鳥も観察するのですが、陸の鳥の姿は少なかったですが、
湖岸の葦原でオオジュリンの群れに出会うことが出来ました。

s-1_調査風景7670.jpg
穏やかなお天気の下、長閑に調査が進められました。
湖面は鏡のように静かでカウント作業も捗りました。

s-2_スズガモの群7680.jpg
スズガモの群れ。
大きい群では数千羽が集まりますが、調査当日は600羽位の中規模な群れを観察しました。
この群にはキンクロハジロやホシハジロも観察できます。


s-3_ホオジロガモ7683.jpg
東海地方では比較的珍しいホオジロガモ。
今年も小さい群で姿を見せてくれました。

s-4_オカヨシガモとオオバン7673.jpg
オカヨシガモとオオバン。

s-5_ホシハジロ7671.jpg
ホシハジロ。
風もなく鏡の様な湖面にカモ達もノンビリ寛いでいます。

s-6_カンムリカイツブリ7682.jpg
カンムリカイツブリものんびりと泳いでいます。

s-7_オオジュリン7685.jpg
湖岸のススキにオオジュリンの群。


posted by N爺 at 15:53| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

佐鳴湖にて新春探鳥会開催。

正月3日、浜松市の佐鳴湖にて毎年恒例の日本野鳥の会 遠江主催の
新春探鳥会開催されました。

遠くに富士山を望む良いお天気の下、64名もの参加者を迎えての
賑やかな探鳥会となりました。

湖面には冬のカモ達やハジロカイツブリの大群など水鳥を楽しみ
佐鳴湖の冬の主役、パンダ鴨として親しまれているミコアイサも
探鳥会の最終に湖面に発見でき大いに盛り上がりました。

上空には何度もミサゴが獲物の魚をぶら下げて飛翔し、オオタカや
ノスリなどのタカ類も現れ、湖畔の小鳥なども含めこの日は43種もの
野鳥を観察することが出来、大勢の参加者の期待に副える年初めの
探鳥会となりました。

1s-探鳥会風景7532.jpg
探鳥会の風景、遠くに富士山を臨む事が出来、
上空を舞うタカ類と一富士、二鷹、と縁起が良いと喜ぶ方々も!

2s-アオサギ7535.jpg
穏やかなお天気でアオサギも湖岸でのんびり佇んでいました。

3s-カンムリカイツブリ7538.jpg
岸に近づいてきたカンムリカイツブリです。
採餌に夢中で何度も潜っていました。

4s-キンクロ、ホシハジロ7540.jpg
湖面には様々なカモ類が飛来しています。
手前左より、ホシハジロ、マガモ、キンクロハジロ。
後ろにカルガモ、オオバンも見られます。
しかし、今年は個体数は少ない様です。

5s-ノスリ7548.jpg
散策路脇の木に止まるノスリを発見。

6s-カワウとカモ達7551.jpg
カワウとカモ達がノンビリと寛いでいました。
ヒドリガモとマガモ、そして左端はハシビロガモと思われます。

7s-オオバンの散歩7556.jpg
オオバンの群れが岸に上がって草を採餌中です。

8s-ジョウビタキ7565.jpg
おなじみのジョウビタキも私たちを迎えてくれました。




posted by N爺 at 18:56| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

磐田市 鶴ケ池で探鳥会開催。

この週末、磐田市の鶴ケ池で探鳥会が開催されました。
快晴ですが寒風の吹く寒い朝、40名を超える多くの参加者を迎えての
探鳥会となりました。
参加者の多くはコハクチョウ目的の参加かと思われますが、
今回は残念ながらコハクチョウは、まだ飛来していませんでした。
しかし、湖面は多くのカモで埋め尽くされ、参加者の皆さんは
大いに探鳥会を楽しまれた事と思います。

1s-ホオジロ7319.jpg
探鳥会スタート直後に電線に止まるホオジロを発見。

2s-探鳥風景7320.jpg
鶴ケ池を一望できるあずまやで熱心に湖面のカモ達を観察する参加者の皆さん。

3s-カモの群7325.jpg
湖面には多くのカモ類が観察でき、私たちの目を楽しませてくれました。

4s-マガモとオオバン7321.jpg
鶴が池では圧倒的に多いマガモとその間を泳ぐ、黒い水鳥がオオバンです。

5s-コガモ7326.jpg
鶴が池では2番目に多い、コガモ。
一番手前で観察できます。

6s-カワラヒワ7334.jpg
観察路入口の高い木の梢に10羽以上のカワラヒワの群れがとまっていました。

7s-探鳥風景7345.jpg
池を周遊する狭い観察路に、多くの参加者で長い列ができました。

8s-ヨシガモ7348.jpg
鶴が池にはマガモ、コガモに次いで多いのがヨシガモです。

9s-ハシビロガモとカイツブリ7352.jpg
数羽飛来していたハシビロガモとカイツブリ。

10s-オナガガモ7364.jpg
写真手前左側、オナガガモ♂:多くのマガモに混じって数羽のオナガガモが飛来していました。

posted by N爺 at 22:09| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

遠州森町の奥、カワセミ湖で探鳥会。

昨日、快晴で穏やかな日曜日、遠州森町の奥、カワセミ湖(太田川ダム湖)にて
野鳥の会の探鳥会が開催されました。

今回の探鳥会の期待の鳥はオシドリとベニマシコです。

オシドリは十数羽の群れを何度か観察できましたが、
ベニマシコは残念ながら出会うことが出来ませんでした。

しかし、カワセミ湖周辺には野鳥の姿が多く、
昨日も野鳥の声が賑やかでシジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、コゲラ、カケスなどが
多数観察することが出来ました。

1s-カワセミ湖06899.jpg
朝は冷え込みましたが、穏やかなお天気の下、
静かに佇む、カワセミ湖です。

2s-探鳥風景06886.jpg
彩り岬公園から探鳥会スタート。
早速オシドリに出会うことが出来ました。

3s-探鳥風景06891.jpg
オシドリを熱心に観察する参加者の皆さんです。

4s-オシドリ2A9642.jpg
警戒心が強く、日陰の水際で寛ぐオシドリの群。
ダム湖対岸のかなり遠い場所です。

5s-オシドリ2A9653.jpg
十数羽の群れが水面に飛来しました。

6s-オシドリ2A9655.jpg
カルガモにつられて、オシドリが明るい水面に出てきました。

7s-紅葉2A9663.jpg
カワセミ湖周辺紅葉本番まであと少しですが、
あちこちで美しい紅葉を見ることが出来ました。

posted by N爺 at 20:23| 静岡 ☀| Comment(0) | 野鳥観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする